読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

元理化学研究所の小保方晴子さん事件の不思議

もう、3~4年にもなるのでしょうか?

理化学研究所での研究が、華々しく発表されたスタップ細胞。

華やかな、若い女性が、真珠のイヤリングをつけ、

昔ながらの割烹着が良く似合う姿に、いち早く、日本中の話題となりました。

 

小保方晴子さん。誰もが一度で名前を覚えてしまったことと思います。

京都大学の山中教授の研究が、発表された直後だけに、

また、素晴らしい研究が成功したのだと、疑う人もいなかったと思います。

発表の場には、多くの男性研究員や教授らしき人が立ち合い、

嬉しそうに発表する小保方さんの顔は、今も脳裏に浮かぶようです。

 

それがどうでしょう? 

その後のアクシデントに、本当に驚き、耳を疑ったものでした。

どこかの発表のデータを切り貼りしてあるとか、

コピペがしてあるとか…究極は、スタップ細胞はなかったとか。

その後、おまけに教授の方が、亡くなられてしまったとか・・・

今朝の新聞に、久々に小保方さんの事が記事にされていたので、

その頃のことが思い出されました。

 

記事では、番組向上機構(BPO)の放送人権委員会は、

スタップ論文を検証した「NHKスペシャル」という番組で、

小保方さんの名誉を毀損する人権侵害があったと、認めたという。

小保方さんは、今も療養中で、その人権侵害により

「放送が人生に及ぼした影響は一生消えるものではありません」と、

コメントをしています。

 

ただ、この一連の事件?を、何度聞いても真相はわからないままのようで、

私自身,とても腑におちない思いです。

あの清楚で、穏やかな雰囲気の彼女が、

発表されたような事件を本当に起こしたのか?それとも彼女を囲む人々が、

何かの理由があって口を揃えていたのか?

真実はどこかに行ってしまったのか?何だかドラマのような気がしてなりません。

 

彼女の名前を聞くたびに、今もって、どうしても納得が出来ないという

気持ちが湧いてくるのは、私だけでしょうか?

 

彼女できない